So-net無料ブログ作成
検索選択

2011年6月30日(木) [木曜日]

[晴れ] BOSS2・第11話(最終回)
あまりにも「対策室」の動きを予測しすぎている犯人の計画は普通なら現実味を失うが、テンポのよさと明かし方(謎解き)のうまさで、それと感じさせない面白さがある。森岡(大森南朋)との対峙から、黒幕の存在、動機の構築まで、小ネタも含めて手抜きがどこにもない。

[雨] 四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険 ~告らせ屋~・第13話(最終回)
最終回は何のヒネリもない普通の告白もの。ルーク(城田優)の元カノが依頼者だから「わざと失恋させるのではないか」と煽られても、そうは思えないし、告白相手が「末期ガンでなかった」こともバレバレ。元カノ役の上木彩矢は棒読みの上、表情が一切ない(そういう役ではない)。

TBSが今年2月に放映したドラマ『浅見光彦シリーズ29・菊池伝説殺人事件』をめぐり、秩父事件研究顕彰協議会の鈴木義治会長らが「秩父事件や人物を『火つけ強盗』のように、ゆがめて描いている」として、同局に抗議していることがわかった。
「火つけ強盗」や「暴徒による暴動」との見方は明治政府が意図的に流したもので、これまでの研究から、事件は自由民権運動の一形態であり、事件参加者は民主主義の先駆者と見直されている、と同会長らは指摘。
TBSは「ドラマはフィクションであり、実在の人物の歴史的意味合いに踏み込むことを意図したものではない」旨の回答をしたが、「フィクションとしても、実在の事件、人物を扱うには周到な配慮があるべきだ」として、同評議会はドラマと秩父事件をテーマにしたシンポジウムの開催を検討。TBS関係者や原作者の参加を呼びかけるという。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

2011年6月23日(木) [木曜日]

[雨] おみやさん8・第9話(最終回スペシャル・第1部)
身内に前科者がいることで結婚を断られるのならまだわかるが、そのために(結婚できなくなるから)縁を切ってくれと言い出すのは、確執のための確執(ドラマのための設定)に見えてしまう。冒頭の痴話ゲンカから過失致死へのシーンが、映像による叙述トリックだったのは評価。

[晴れ] おみやさん8・第9話(最終回スペシャル・第2部)(最終回)
貧困と絶望から母子心中を図ろうとして、あとを追えなかった息子の後悔と、運命の皮肉が深く胸をえぐる。普通に「死ねなかった」でも感動できる描き方だったが、死ぬ前に母親の死体が見つかってしまったことで「殺人事件になった」という視点の変化が(ミステリ的に)素晴らしい。

[雨] BOSS2・第10話
なにも知らない「犯人の娘」と思わせて、共犯関係(逃亡幇助)だったというヒネリはあるにしても、今回も定番の刑事ドラマ(刑事が惚れた女は犯人だった)のパターン。事件後の長い前フリ(最終回予告)がメインのような感じ。キータッチの周波数で打った文章を解析する技術は実用的なのか?

[曇り] 四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険 ~告らせ屋~・第12話
寄り添える相手のいない女性が、偶然 出会った指名手配犯と「孤独」を共有することで、相手をかくまい続ける話。失恋保険を利用して補償金を手に入れ、2人の生活資金(海外逃亡)にしようとする計画は面白いが、指名手配犯が出頭を決断する過程に説明不足が感じられる。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

2011年6月16日(木) [木曜日]

[晴れ] おみやさん8・第8話
「横暴な経営者」と「部下思いの社長」の2つの噂がある被害者に、「殺意」と「憐憫」の2つの感情を持つ容疑者の組み合わせは、期待したほど面白くならなかった。しかし、人を変えるのは「憎しみ」や「悪意」ではなく、他人からの「尊敬」や「期待」だという指摘にすべてが吹っ飛ぶ。

[曇り] ハガネの女2・第9話(最終回)
友達をかばうために「洋服切り裂き」事件の犯人をかばうクラスメイトたちの図はありがち。そこにハガネ(吉瀬美智子)の進退問題を絡めるのは最終回用の強引な設定だし、教え子たちの団結の描き方も8話のほうがよくできている。洋服を切られた子の「性格の悪さ」にはフォローなし。

[雨] BOSS2・第9話
びっくりするほど普通の刑事ドラマ。しかも、幼い子供の「やめて」の叫びで犯行を思いとどまる、ベタな人情ものとは…。考えるに、林宏司の台本が間に合わず、誰でも、なんでもいいから1本書いてくれと大急ぎで発注した穴埋めの回なのだろう。そうでなければ、ヒドすぎる出来。

[晴れ] 四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険 ~告らせ屋~・第11話 ▼もう一言
連れ子の存在を隠して再婚しようとする(子供を捨てようとする)依頼者の秘密はすぐにわかる。うまいのは、感情的になるマル(福田沙紀)の性格を利用して、ル-ク(城田優)が子供に芝居をさせる(マルをだます)計画が、そのまま視聴者をもだますことにつながっている点。

四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険 ~告らせ屋~・第11話
今回はトラコ(古田新太)とマル(福田沙紀)が「親子だった」とわかる回でもあるのだが、明かされても、少しも意外に思わなかった。というより、最初から2人は親子だと思って観ていた自分がいる(ドラマの初期段階でそういう説明がなされていたと、勝手に思い込んでいたようだ)。
トラコの性癖(女装)が理由で離婚したのなら、父親に対するマルの態度も納得がいくし、2人は血がつながっているから、文句を言いながらも一緒に仕事をしていたのだと思っていた。それが、初めて明かされたことだったとは…。
しかし、見方を変えれば、それほどうまく2人の関係が描けていた(最初から)ということになる。無理な意外性を押しつけるドラマより、納得できる伏線に拍手が送れるドラマのほうが好印象なのは言うまでもない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

2011年6月9日(木) [木曜日]

[雨] おみやさん8・第7話
新しい事件が起きて、鳥居(渡瀬恒彦)が過去の事件を思い出す(関連づける)いつものパターンを変えたのは評価できるが、鳥居が出会った老婆の「初恋の人探し」の過程で次々と手がかりが転がり込んでくる展開は、逆に不自然さが際立つ結果に。犯人の断定や、盗作の証明が単純なのも問題。

[晴れ] ハガネの女2・第8話
いつの間にクラス全員こんなに団結していたんだという疑問は残るが、これまでの出来事と、それに関連する問題児童たちを万遍なく絡めた(前シリーズの教え子たちもうまく使った)学習発表会のエピソードは心を打つ。このための下地作りだと思えば、7話までの物足りなさも許せてしまう。

[曇り] BOSS2・第8話
容疑者のポジションや、殺人の意味が『LADY ~最後の犯罪プロファイル~』の3話を髣髴させると思ったら、どちらも徳永友一の脚本だった。「犯罪の引き継ぎ」テーマは真相解明の手順を誤ると(最後にすべてを明かそうとすると)失敗するが、その点はうまくクリアしている。

[曇り] 四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険 ~告らせ屋~・第10話
余命3カ月の患者にプロポーズした研修医もまた余命宣告を受けていたという構図は早いうちからほのめかされる。ドラマの見どころは、本当の愛とは何か、という問いかけにあるのだろうが、その部分の書き込みが足りないのは致命的。情緒に訴えるテーマだからこそ、説得力のある台詞が必要。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

2011年6月2日(木) [木曜日]

[曇り] おみやさん8・第6話
人差し指と小指を立てて死んでいる被害者を見た鑑識の人間が「ダイイングメッセージですね」と言ってみたり、野球部員全員が犯罪に絡んでいることを鳥居(渡瀬恒彦)が最初から見抜いていたり、ミステリとしてはかなり低レベル。人情ものとしても、森下直が書いたとは思えない普通の作品。

[曇り] ハガネの女2・第7話
両親が離婚して母親のいない夏希(鍋本凪々美)をからかった はるか(遠藤由実)が、自分も同じ境遇になる一方で、夏希の母親が帰ってくる「立場の逆転」を(その後の2人の関係性)を描いて欲しかったのに、どちらもあっさり親に裏切られる(個々のエピソードになる)展開にガッカリ。

[晴れ] BOSS2・第7話
同僚の出世を妬む元警察関係者による化学テロ(自らの優秀さを誇るための犯罪)のありがちな真相も、その見せ方(切り口)によって、新鮮に、面白く観られることを証明。対策室の成り立ちを絡めたストーリー運びのうまさは、さすが林宏司の仕事と思わせる。

[曇り] 四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険 ~告らせ屋~・第9話
不倫の末 捨てられた女が男に復讐しようする一方で、男の息子もまた女のせいで「母親が死んだ」と思い復讐を企てる――。2つの復讐心が交錯する物語なら面白かったのに、話を引っ繰り返すことが目的になってしまい、復讐相手が偶然近づいてきた都合のよさのほうが先に立ってしまった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

2011年5月26日(木) [木曜日]

[晴れ] おみやさん8・第5話
暴漢に襲われたふりをした警察官の動機は納得できるように描かれているのに、鳥居(渡瀬恒彦)がそれに気づくキッカケがなく、いきなり実験(通報時間内に襲撃現場まで移動できるかどうか)をしてしまうのは作者の勇み足。大型犬のリードを操るには軍手が必需品というのは気づかなかった。

[晴れ] ハガネの女2・第6話
友達に嫌われないために嘘をつく少女と、人気取りのために嘘をつく少女の話。前者を簡単に解決したのは、後者がよりたちの悪い、深い闇を抱えたものであることを強調するためか。裏切られ、重傷を負わされたあとに、少女の肩を抱きしめるハガネ(吉瀬美智子)のラストカットにうなる。

[曇り] BOSS2・第6話
銀行強盗の目的が復讐殺人だったという「意外性」を成立させようとして、動機(過去の事件)の作り方に四苦八苦(素人が自力で銀行強盗犯を見つけてしまう強引さ)。発射残渣や硝煙反応に関する知識が、復讐殺人を成立させるために作者が「犯人に授けた知識」になってしまっている。

[曇り] 四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険 ~告らせ屋~・第8話
娘の交際結婚)を邪魔する「悪霊」のような母親の話と思わせて、娘もまた母親が異性と親しく口を利いているだけで暴力をふるう「悪霊」だったというオチ。母親が娘への腹いせで交際を邪魔をしていたのではなく、その性格を心配して(外に出せない)邪魔をしていたとすべき。

俳優山本太郎(36)が、福島第1原発事故後、反原発を訴え続けたことで「7月8日に予定されていたドラマ」を降板させられたと自身のツイッターで明かした。
ドラマのタイトルや、テレビ局は明かされていない
【続報・5月27日】 山本太郎は所属事務所のシス・カンパニーを退社したとツイッターで報告した。
事務所はドラマ降板の原因が反原発運動にあったとする山本の見解について、「事実ではなく、本人の勘違い」と否定していたが、騒動を重くみた山本が「迷惑はかけられない」と事務所を離れることを申し出た。
6月17日から神奈川芸術劇場ホールで上演されるミュージカル『太平洋序曲』(演出・宮本亜門)には出演する。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

2011年5月19日(木) [木曜日]

[晴れ] おみやさん8・第4話
踏切でうずくまった女子高生を助けた美談が、犯罪がらみで「電車のダイヤを遅らせたくなかったから」で、女子高生もまた美談で救われたため「自殺できなくなった」という裏の事実が秀逸。2人の再会も、人情ものとしてうまくできている。岩下悠子、久々の傑作。

[曇り] ハガネの女2・第5話
エリートを育成する学習塾とハガネ(吉瀬美智子)の対決は面白くなる要素満載なのに、消化不良というか、根本的な問題解決を回避した印象が残る。「本当は塾に通いたくなかった」と子供の意思で塾を去る展開にしたため、ハガネの教育理念で教え子を取り戻す話にならなかったのが原因。

[晴れ] BOSS2・第5話
電気のスイッチに飛んだ血痕を見落とす話は、海外の推理小説に有名な前例があるものの、その作品の弱点を克服する形でストーリー(状況設定)が構築されている点を評価する。犯人が主婦で死体処理の方法をテレビドラマから得るパターンも珍しくないが、情報量の多さと詳細さで独自性が出た。

[雨] 四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険 ~告らせ屋~・第7話
独りでのびのび暮らしたいのではなく、お兄さんを自由にさせたいから(輸血の問題で離れ離れになれない)、妹が独立を目指す話にすれば感動的だったのに、その妹の仕事をスタントにしたり(ケガがつきもの)、恋愛問題を絡めたりするから、感情の流れが不自然になってしまった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

2011年5月12日(木) [木曜日]

[曇り] おみやさん8・第3話
桜の枝を握って死んでいた青年の父親が「桜守」で、父親を嫌っていたという話が出た時点で、本当は父親を慕っており、枝を折ったのは別人だろうと誰でも想像がつくのに、そのままの話にしてしまう体たらく。桜を守って殺された息子と、桜を守って人を殺めた父親の対比をなぜ台詞で示さない?

[曇り] ハガネの女2・第4話
母親の夢を託されてモデルの仕事をしている少女の話。テーマに目新しさはないし、子供に本音を言わせて、それを母親に聞かせる解決方法に深みはない。国生さゆりを母親役にしてモンスターペアレントにしなかったのは(エスカレートさせなかったのは)大歓迎だが…。

[晴れ] BOSS2・第4話
黒木(古谷一行)が犯人であることはキャスティングでピンときてしまうが、その裏で丁寧に「半面無視」の伏線を張る仕事は評価されてしかるべき(症状の描き方が正しいかどうかは別にして)。黒木の復讐を阻止しながら、振り込め詐欺の証拠があぶり出される作戦だったら文句なしだった。

[雨] 四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険 ~告らせ屋~・第6話
事故で車いす生活になった女性が、加害者の男を縛りつけるために「歩けない」ふりをしていたという真相は視聴者をだますための設定で、現実には通用するわけがない。必然的に「加害者は知っていた」という結末しかないわけで、無意味な「だまし」のドラマを観せられた感じ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

2011年5月5日(木) [木曜日]

[雨] 見知らぬわが町
大牟田市が かつて炭鉱で栄えた町だということを紹介するだけの番組。昔を知らないヒロインが、町をめぐり、当時のことを知る人に出会って歴史を知る過程にドラマ的面白さは皆無。地元の小中学生に観せる学習ビデオには最適。

[雨] おみやさん8・第2話
仕事一筋で家庭を顧みなかった父親を憎む娘(母親の死を父親のせいにする)のキャラクターに新鮮味はなく、卵焼きの味付けがキーポイントになるストーリーは陳腐そのもの。少しぐらいオリジナリティを出そうとは思わないのか。

[曇り] ハガネの女2・第3話
10円ハゲをかわらかわれる児童と同じようにハゲを作って見せるハガネ(吉瀬美智子)の対処法も、イジメの当事者同士から気持ち聞き出して、相手に伝えて問題が解決する終わり方も、前シリーズからの流用(劣化コピー)。『ごくせん』がつまらなくなっていったパターンを思い出す。

[曇り] BOSS2・第3話
事件のアウトラインを軽快なテンポと笑いの中で見せていく手際は相変わらず絶品だが、ミステリ的に今回は凡庸。仕事中は電話に出ないはずの男が出たのは当然「アリバイ作り」だし、捜査陣が偽のバッグを見せて犯人を罠にかける方法には ひねりがない。

[晴れ] 四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険 ~告らせ屋~・第5話
死んだ恋人を題材にしてベストセラーを記録した作家が、恋人が死んだことで2作目を書けずに悩む話――と思わせて、恋人は生きていた(編集者がヒット作を書かせるために仕組んだ嘘)という真相は、ミステリ仕立てだったら傑作だったのに…。このドラマの枠にはめたことで、魅力半減。

フジテレビで放送中の連続ドラマ『幸せになろうよ』(月曜午後9時)と、『BOSS2』(木曜午後10時)で、それぞれの出演者が役名のまま、双方の番組に登場する企画が実現した。
16日放送の『幸せになろうよ』で、まず『BOSS2』の登場人物である山村啓輔(温水洋一)が結婚情報センターに入会を希望してくる様子が描かれ、放送日は未定だが、今後『BOSS2』で、これを受けた形のシーンが放送される予定。
フジ広報部によると同様の試みは、97年4月期の『いいひと。』(火曜午後10時)に主演していた草彅剛が、同じSMAPの木村拓哉主演のギフト(水曜午後9時)に出演して以来14年ぶり。このときは、草彅が自転車に乗った木村とすれ違うシーンがあり、別の角度から撮影された同じシーンが『いいひと。』の方でも放送されたが、セリフは一切なし。セリフ付きの「本格コラボ」は今回が初めてとなる。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

2011年4月28日(木) [木曜日]

[雨] おみやさん8・第1話
「あなたに助けられたのは2度目ね」の台詞で、本当の親子関係と過去の犯罪が明るみに出る構成は悪くないのに、1度目の救済は「罪をかばって偽の目撃証言をした」ことで、2度目は「罪を犯した子供を自首させた」ことというのは矛盾していないか…(それが親の愛情だと説いたところで)。

[雨] ハガネの女2・第2話
クラスで問題を起こす児童がアスペルガー症候群だったとハガネ(吉瀬美智子)が説明しただけで、過半数のクラスメイトが支持する展開(転校させるか、受け入れるかの投票)は安易。少年を支えていた少女が、実は少年に支えられていたエピソードを紹介した結果であれば納得できたが。

[雨] 四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険 ~告らせ屋~・第4話
女同志の歪んだ友情物語なのだが、親友の気持ちが男に移るのを阻止するために、自分が先に告白して恋人関係になってしまう(それで友情をつなぎとめる)なんて気持ちは、到底 受け入れられない。当然のごとく友情が崩れたら、今度は「親友の気持ちに気づいていた」から和解しましたって…。

ギャラクシー賞・月間賞※テレビドラマ関連のみ記載
【2011年3月度】
・デカワンコ(日本テレビ

ギャラクシー賞とは→

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。