So-net無料ブログ作成
検索選択

2011年6月30日(木) [木曜日]

[晴れ] BOSS2・第11話(最終回)
あまりにも「対策室」の動きを予測しすぎている犯人の計画は普通なら現実味を失うが、テンポのよさと明かし方(謎解き)のうまさで、それと感じさせない面白さがある。森岡(大森南朋)との対峙から、黒幕の存在、動機の構築まで、小ネタも含めて手抜きがどこにもない。

[雨] 四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険 ~告らせ屋~・第13話(最終回)
最終回は何のヒネリもない普通の告白もの。ルーク(城田優)の元カノが依頼者だから「わざと失恋させるのではないか」と煽られても、そうは思えないし、告白相手が「末期ガンでなかった」こともバレバレ。元カノ役の上木彩矢は棒読みの上、表情が一切ない(そういう役ではない)。

TBSが今年2月に放映したドラマ『浅見光彦シリーズ29・菊池伝説殺人事件』をめぐり、秩父事件研究顕彰協議会の鈴木義治会長らが「秩父事件や人物を『火つけ強盗』のように、ゆがめて描いている」として、同局に抗議していることがわかった。
「火つけ強盗」や「暴徒による暴動」との見方は明治政府が意図的に流したもので、これまでの研究から、事件は自由民権運動の一形態であり、事件参加者は民主主義の先駆者と見直されている、と同会長らは指摘。
TBSは「ドラマはフィクションであり、実在の人物の歴史的意味合いに踏み込むことを意図したものではない」旨の回答をしたが、「フィクションとしても、実在の事件、人物を扱うには周到な配慮があるべきだ」として、同評議会はドラマと秩父事件をテーマにしたシンポジウムの開催を検討。TBS関係者や原作者の参加を呼びかけるという。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。