So-net無料ブログ作成
検索選択

2011年6月27日(月) [月曜日]

[雨] ハンチョウ ~神南署安積班~4 正義の代償・第12話(最終回)
最初から捜査の指揮を執っていた警部(津田寛治)と管理官(小木茂光)が犯人で、動機は刑事局長の息子が起こしたひき逃げ事件の隠蔽という ありふれたもの。取ってつけたように「可視化法案」成立のための行動(=正義)だったと言い出したのは、あまりにも薄っぺらな話になったからか。

[雨] 幸せになろうよ・第11話(最終回)
これまで似たような状況を何度も繰り返してきた春菜(黒木メイサ)なのに、今回だけ(最終回だから)頑なに純平(香取慎吾)と会うことを拒む都合のいい展開。せめて純平のプロポーズの言葉にオリジナリティでもあれば、多少は観た甲斐もあったのだが…。

[曇り] 税務調査官窓際太郎の事件簿22(月曜ゴールデン
義母と息子の人情話に傾きすぎた感じ。事業仕分けの話がテーマかと思ったら話題に上るだけだし、レアメタル絡みの事件もあっさりしすぎて物足りない。既存の2時間ドラマとは一線を画した硬派な作りが売りのシリーズだったのに、よくある2時間ものになってしまった…。

[晴れ] 鈴木先生・第10話(最終回)
放送時間のすべてがクラス会議に費やされる最終回。これまで鈴木先生(長谷川博己)が指導してきた問題(生徒に考えさせてきたこと)が有機的につながる様は感動的。その上で、B組のマリ(工藤綾乃)が鈴木を敵視した理由が明かされ、鈴木もまた完璧ではなかったとわかるラストがニクイ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。